トップページ > 管理人のページ

4月度のひとこと

春の暖かさと冬の寒さを繰り返しながら4月に入りました。4月と言えば日本国民であれば誰でも関心 を持って発表を待ち望んでいるのが新元号です。平成という時代に終わりを告げ次の時代の元号は どのように定められるのか?この発表が4月1日(月)の午前11時半頃に政府から全国民の皆様に発表 される予定となっております。いろいろな事があった平成30年間ですが、ここに終止符が打たれると 昭和という時代が一層遠退いていくいくようにも感じられます。少子高齢化が進んでいる日本ですが 新しい元号が定められ、若い世代が活躍する日本として進んでいくことを願っております。

春に目覚め淡いピンクの蕾みから次々と開花する「さくら」  …3/27 新宿御苑にて…

六義園(りくぎえん)と新宿御苑 散策 (3月27日)

3月21日に東京の桜(ソメイヨシノ)開花宣言があり、それから約1週間後の27日 東京都内の六義園(りくぎえん)と 新宿御苑を散策してみました。六義園の最寄り駅は、JR駒込駅ですがこの駒込駅の傍らに小さな公園がありました。 この公園は“染井吉野桜記念公園”という名前が付けられており「ソメイヨシノのふるさと」となっているようで す。ここの桜もみごとに咲き誇っておりました。
さて、六義園は“枝垂れ桜”がありちょうど満開ということ、 この時期しか見られないので行ってみました。
六義園の後は、季節ごとに様々な花が見られる“新宿御苑”も 訪れてみました。この園内には、ちょうど満開の桜、これから満開を迎えようとしている桜などを晴天の下で じっくりと鑑賞できた一日となりました。

※写真はクリックすると大きくなります。


駒込駅

駒込駅
最初に六義園を目指します。最寄り駅は JR駒込駅となります。



記念碑

記念碑
駒込駅のすぐそばには“染井吉野桜記念公園”がありました。ここにはこのような記念碑も あります。



染井吉野桜記念公園

染井吉野桜記念公園
小さな公園ですが、今 染井吉野がほぼ満開状態で咲き誇っておりました。



六義園に

六義園に
駒込駅から歩いて約7分 六義園の正門に着きました。
もうすでに人の列が出来ております。



六義園マップ

六義園マップ
園内のマップです。正門入口の“しだれ桜”を見て、池の周りを一周してみます。



内庭大門

内庭大門
正門入口から入って、ちょっと古めかしい“内庭大門”をくぐります。



しだれ桜

しだれ桜
すると目の前には大きな“しだれ桜”の姿が広がります。数年前の秋に訪れた時にはただの枯れ木 状態だったのですが今は違います。



アップで

アップで
近づいて見ると花びらは少し小さめ、少しピンクがかった花が密集しています。



大泉水

大泉水
しだれ桜を後に少し進むと大きな池に庭園が広がります。まだ緑が少ないですが美しい庭園です。



滝見茶屋

滝見茶屋
左回りで池の周りを一周してみます。滝見茶屋まで進んできました。



千鳥橋

千鳥橋
滝見茶屋から見た千鳥橋です。



吹上茶屋

吹上茶屋
“しだれ桜”の反対側の吹上茶屋までやってきました。
ここには休憩所と売店があります。



染井吉野

染井吉野
吹上茶屋のあたりには桜“染井吉野”があり開花が始まっておりました。



藤代峠へ

藤代峠へ
さらに進んで“藤代峠”に上ります。標高はわずか35mですが。



山頂から

山頂から
藤代峠の山頂からは六義園の美しい日本庭園を見渡すことができます。



渡月橋

渡月橋
藤代峠を降りて“渡月橋”を渡ります。頑丈そうな石で造られた石橋です。



しだれ桜

しだれ桜
“しだれ桜”まで戻ってきました。この大きなしだれ桜は樹齢約70年となるそうです。



千駄ヶ谷門

千駄ヶ谷門
ここからは場所が変わって新宿御苑の散策となります。JR千駄ヶ谷駅の近くの千駄ヶ谷門から入ります。



満開の桜

満開の桜
中に入ると先ず目に飛び込んでくるのが満開の桜です。



新宿御苑園内マップ

新宿御苑園内マップ
新宿御苑の園内マップです。広い公園となっておりますが、桜の花を求めて散策してみました。



降り注ぐ

降り注ぐ
地面に降り注ぐように咲いている桜です。



満開です

満開です
この桜も青い空をバックに満開状態です。



しだれ桜

しだれ桜
少しピンクがかったしだれ桜です。かなり地面に近づいているので手に取るように観察できます。



さくらさくら

さくらさくら
どこからか、“さくらさくら~~”の音色が聞こえてきます。桜の下で着物を着た外人さんが クラリネットで演奏のよう。日本が大好きなのか??



アップで

アップで
この園内には何種類もの桜が咲き誇っていますが、この桜は本当に美しい!!



枯れ木と桜

枯れ木と桜
園内をさらに進むと、枯れ木と満開の桜が。枯れ木はまだ葉を付けていないプラタナスです。



プラタナス並木

プラタナス並木
プラタナスの並木までやってきました。夏場は見事な緑の葉で壮観ですが、葉の無いこの景色もすばらしい。



濃いピンク

濃いピンク
小さいながらもひと際ピンクの色が濃い桜に人気集中です。横浜緋桜という名前が付いておりました。



日本庭園

日本庭園
日本庭園までやってきました。ここから見る日本庭園の景色は素晴らしい!特につつじが開花する頃は 最高かと思います。



水辺まで

水辺まで
橋のたもとに咲いていた染井吉野、花の重みで今にも水辺に届きそうです。



つくし

つくし
華やかな桜が咲く足元には“つくし”もたくさん伸びていました。春です。



老 木

老 木
千駄ヶ谷門の近くまで戻ってきました。この桜の木はかなりの老木のようですが、しっかりと美しい 花を咲かせておりました。



今月公開の旅

今月公開の"旅記録"はありません。過去の旅記録はトップページに戻り、
左側の【過去の旅記録】リンクから入ってください。

トップページへ…クリックするとトップページに戻ります。