トップページ > 管理人のページ

9月度のひとこと

8月が終わって9月に入りました。今年の夏は例年の夏とはちょっと違って、長ーく続いた猛暑、 例年を大きく上回る台風の発生数、局所的に発生する激しい豪雨と雷などなど、日本列島各地に 渡って様々な被害をもたらしました。8月も後半になって秋雨前線の発生で関東以北ではやっと 秋の気配が見えてきたようですが、関東から南側では相変わらず猛暑が続いているようです。 このようにとても暑い夏でしたが、甲子園ではこの暑さにも負けることなく高校野球の熱戦が 繰りひろげられました。今年の大会は秋田代表の金足農業高校が予想以上の大活躍をして大きな 盛り上がりとなり、野球にあまり興味がない方々までもがこの大会に引き込まれてしまったよう です。

清々しい高原の風をうけてみごとに咲いたユリの花  …7/27 那須塩原ゆりパークにて…

ハンターマウンテン塩原 ゆり博 (7月27日)

連日猛暑が続く7月末、少しの涼しさと美しいゆりの花を求めて那須塩原のゆり博に出向いてみました。那須塩原に あるハンターマウンテン塩原、ここは冬季はスキー場ですが夏場はこのスキー場にゆりの花を植えて“ゆり博”が 開かれております。この時期ちょうど見頃を迎えてきたとの情報から、ハンターマウンテン塩原 ゆりパークの “ゆり博”を訪れてみました。この場所は標高1300mくらいのところにあるようで、気温・湿度もそれほど高くなく、 さわやかなゆり鑑賞ができた一日でした。

※写真はクリックすると大きくなります。


佐野サービスエリア

佐野サービスエリア
圏央道から東北自動車道に入り佐野サービスエリアで休憩です。ここは佐野ラーメンが有名です。



ハンターマウンテン塩原マップ

ハンターマウンテン塩原マップ
ハンターマウンテン塩原のゆり博までのルートマップです。途中、東北自動車道を西那須野インターで降りて すぐの千本松牧場で少し休憩をしました。



千本松牧場

千本松牧場
小さな小動物から大きな牛も見られる大きな牧場です。また、各種のスポーツ・娯楽施設もあります。



どうぶつふれあい広場

どうぶつふれあい広場
比較的小さな動物とふれ合える“どうぶつふれあい広場”に入ってみました。料金200円を入口の箱に 入れて中へ入ります。



うさぎ

うさぎ
うさぎが放されています。このうさぎは子供たちも自由に触ることができます。



ヤ ギ

ヤ ギ
少し大きめのヤギにもエサを与えることができます。



ゆり御膳

ゆり御膳
千本松牧場を後に30分くらい走ると“ゆり博”会場に着きました。ちょうど昼食の時間となったので “ゆり御膳”をいただく。ゆりの天ぷらもありました。



ゆり博マップ

ゆり博マップ
ゆり博マップです。ここは冬季はスキー場ですが夏季の今はたくさんのゆりの花で埋め尽くされています。



フラワーリフト

フラワーリフト
まず、リフトに乗り山頂駅を目指します。



リフトに乗って

リフトに乗って
山頂駅までは約10分で到着します。吹いてくる風がとても心地良い。



リフトの下には

リフトの下には
リフトの下には様々な色のゆりが咲いており、これらを眺めながら進んで行きます。



リフト山頂駅

リフト山頂駅
リフトの山頂駅に到着しました。この辺りで標高 1,300mくらいあるそうです。涼しくて気持ちがいい。



山頂駅の近くで

山頂駅の近くで
山頂駅をから少し進むとこのあたりはちょうど見頃となっております。



早咲きエリア

早咲きエリア
早咲きエリアでは、赤・黄・白など満開となっておりました。



マルコポーロ

マルコポーロ
淡いピンクがとても可愛らしいゆりです。



カサブランカ

カサブランカ
花びらは純白の大輪で存在感があります。



オレンジタイクイーン

オレンジタイクイーン
華麗さを強調しているようなみごとなオレンジです。
オランダ原産とのことです。



ゆり博

ゆり博
歩いている途中に ゆり博 の看板がありました。何と400万輪のゆりの花が咲くとか。



白樺の丘

白樺の丘
白樺の丘までやってきました。この白樺林の中にもたくさんのゆりの花が咲いています。



白樺の丘

白樺の丘
こちらの白樺林には人が集まっています。何をしているのか?



白樺の丘

白樺の丘
そうです。この白樺林の中にはハンモックがありこの中に入って高原の涼しさを満喫できます。



リフト終点から

リフト終点から
リフトの終点地点から下を見たところです。ゲレンデの斜面にもたくさんのゆりが咲いています。



ゆり大斜面

ゆり大斜面
山頂からゲレンデを徒歩で下ります。少し傾斜のきつい大斜面にもたくさんのゆりが植えられています。



ゆり平原

ゆり平原
ゆり平原まで歩いて下りてきました。目の覚めるような黄色いゆりがみごとです。



ゆり平原

ゆり平原
この赤いゆりも見事です。ゆりは歩きながら見るのが一番美しいという言い伝えがあるようです。



ゆりを見ながら

ゆりを見ながら
このあたりは標高 1,000m以上あります。これまでの猛暑の暑さをすっかり忘れて長いゲレンデを歩きました。



センターハウス

センターハウス
たくさんのゆりを観賞しながらほぼ下まで下りてきました。センターハウスはもうすぐです。



鬼怒楯岩大吊橋

鬼怒楯岩大吊橋
ハンターマウンテン塩原 ゆり博 を後にして鬼怒川温泉にやってきました。この橋は鬼怒川にかかる 鬼怒楯岩大吊橋です。



鬼怒楯岩大吊橋

鬼怒楯岩大吊橋
この橋は人専用の吊り橋で、この橋を渡る時には上下に大きく揺れます。



鬼怒川

鬼怒川
橋の下には鬼怒川がゆったりと流れています。が、、大きく上下に揺れるので写真撮影も難しい!!



楯 鬼

楯 鬼
橋を渡りきると楯鬼がにらみをきかせて待っています。この鬼は鬼怒川温泉を見守り続けている のだそうです。



帰りのパーキングエリア

帰りのパーキングエリア
ここは東北自動車道 羽生パーキングエリアです。ここの建物はすべて江戸屋敷風の建物になっていて 江戸時代にタイムスリップしたような感じになります。



今月公開の旅

今月公開の"旅記録"はありません。過去の旅記録はトップページに戻り、
左側の【過去の旅記録】リンクから入ってください。

トップページへ…クリックするとトップページに戻ります。