トップページ > 管理人のページ

3月度のひとこと

寒い寒いと言いながらも3月に入りました。ここ関東地方では梅の花が咲いてきて春らしくは なってきましたが、この時期はまだ寒暖の差が激しく暖かい日には春も近いかと思いますが、 すぐに寒い日に逆戻りとなかなか安定しません。
このような中、気がつけば我が家の庭のチューリップの芽も土から顔を出し少しづつ伸びて きております。植物たちは確実に春を感じて準備をしているように思われ、本当の春は すぐそこまで来ているように思われます。

ガラス越しにポーズをとるユキヒョウ、背後には雪が、  …2/15 札幌円山動物園にて…

さっぽろ円山動物園散策 (2月15日)

冬の真っただ中である先月中旬さっぽろ円山動物園を散策してみました。この時期ではすっぽりと雪に 囲まれた動物園でしたが、幸いこの日は穏やかな天気で冬の札幌にしては暖かい一日でした。 北海道の動物園ということで、動物たちもさぞかし寒がっているのかなと思いましたが意外なことに 動物たちは雪の中でもとても元気に行動しておりました。 この動物園の動物たちはお客様の目線を意識したかの行動をする動物が多く見る人たちを楽しませて くれます。いつもと違う雪の中での動物園もなかなか楽しめました。

※写真はクリックすると大きくなります。


さっぽろ円山動物園

さっぽろ円山動物園
冬の動物園、雪の中にある動物園の動物たちはどのように冬を過ごしているのかを見てみようと さっぽろ円山動物園に行ってみました。



中に入ると

中に入ると
西門から中に入ってみるとこのような降り積もった雪の風景が目に入ってきました。



園内マップ

園内マップ
この動物園は、生態の分類別に建物が分かれており寒い地域・暖かい地域などの動物を観察できます。



雪の中を

雪の中を
あまり広くはない動物園ですが、西門から雪の中を一回りしてみます。



寒帯館

寒帯館
寒帯館に入ってみます。ここは寒い地方に暮らす動物たちがいるようです。



睡眠中、、

睡眠中、、
アムールトラのようですが爆睡中です。彼らは夜行性の動物のようで昼間は寝ているようです。



ユキヒョウ

ユキヒョウ
こちらはユキヒョウです。ガラスの近くまで寄ってきて入園者にサービスです。背後には雪が積もって います。



高山館

高山館
次に高山館に入ってみます。高い山々に住み着いている動物たちなのか。



レッサーパンダ

レッサーパンダ
レッサーパンダが雪の中で楽しそうに遊んでいました。木登りが得意で高いところが好きなようです。



外に出て

外に出て
外に出て雪の中を次の動物に向けて進みます。少し青空が見えてきました。



熱帯雨林館

熱帯雨林館
熱帯雨林館に入ります。ここに住む動物たちは冬・雪などとは関係のない動物たちか。



マレーグマ

マレーグマ
マレーグマが落ち着きなく歩いております。このクマは暖かい地方に生息するので冬眠はしないそうです。



テナガザル

テナガザル
ゴリラやチンパンジーに比べると体は小さいが、名前の通り手は長い。彼らは水が嫌いで水の中に 入るようなことはないそうです。



アロワナ

アロワナ
古代魚であるアロワナ。最も古いものの出現時期は約1億年前とか。現在では観賞魚として多く飼育 されております。



マレーバク

マレーバク
体の色が黒と白にはっきりと分かれている珍しい動物です。聴力と嗅覚は素晴らしいが、視力はあまり 良くないとのこと。



外に出て

外に出て
再び外に出て雪の中を進みます。雪かきされた雪が道路の両脇に山となっております。



類人猿館

類人猿館
類人猿館にやってきました。ボルネオオラウータンがハンモックのようなものに乗っています。



ボルネオオラウータン

ボルネオオラウータン
こちらは子供です。毛布のようなもので楽しそうに遊んでいました。



海獣舎

海獣舎
屋根のない海獣舎にやってきました。ゴマフアザラシが2頭で元気よく泳いでおりました。



世界の熊館

世界の熊館
寒いところが大好きなホッキョクグマが見えてきました。



世界の熊館

ホッキョクグマ
降り積もった雪の中で黄色いおもちゃ(水道管らしい?)を持って楽しそうに遊んでいます。 さすがホッキョクグマ!



オオカミ舎

オオカミ舎
さらに進んでオオカミ舎にやってきました。犬と見分けがつかない風貌ですが雪には強いようです。



オオカミ舎

オオカミ舎
このように入園者はガラス張りの部屋の中から雪の上のオオカミを見ます。オオカミはガラスのそばまで やって来てポーズをとります。



チンパンジー館

チンパンジー館
チンパンジー館にやってきました。このチンパンジーは来園者と一緒に“グータッチ”をしたりなかなかの 演技者です。



モンキーハウス

モンキーハウス
モンキーハウスにやってきました。どんな猿たちが暮らしているのか。



ダイアナモンキー

ダイアナモンキー
黒い三角形の顔と白い襟巻きとあごひげが特徴です。絶滅危惧種に指定されているようです。



ブラッザグェノン

ブラッザグェノン
額の顔には三日月の茶色い毛を持ち、白いヒゲをはやしたその姿はおじいさん?水戸黄門にも似ているとか?



ドグエラヒヒ

ドグエラヒヒ
顔はどこかの元総理大臣にも似ているか?アフリカ大陸の中央部に住み群れで生活しているようです。



ワオキツネザル

ワオキツネザル
長いしっぽに特徴があり、しっぽが白と黒の輪になっているので漢字で書けば「輪尾キツネザル」と書くそうです。



外に出て

外に出て
モンキーハウスを後にして外へ出ます。空はかなり晴れてきました。ここから大倉山ジャンプ競技場が 見えます。



ニホンザル

ニホンザル
ニホンザルのサル山にやってきました。さすが北海道の動物園、サルたちも雪の中で遊んでいます。



ニホンザル

ニホンザル
サルたちもやはり暖かい所が好きなようで、このように日当たりの良い所に集まっております。



ニホンザル

ニホンザル
このサルたち何をしているのかと観察していると、目にゴミが入ったのか?ただただ相手の目を開いて 何かをしている! お医者さんかな?!



キリン館

キリン館
このキリンはマサイキリンという種類で、この動物園ではオスの「ユウマ」1頭だけが飼育されて いるそうです。



カバ・ライオン館

カバ・ライオン館
ライオンが餌の肉を不器用に食べていました。



空も青く

空も青く
一回りして戻って来ました。空は青空も見えて比較的穏やかな日でした。



西門へ

西門へ
一周散策して再び西門に戻って来ました。寒い地域の動物園でしたが予想以上に動物たちが活動的で あったのには驚きました。



今月公開の旅

今月公開の"旅記録"はありません。
過去の旅記録はトップページに戻り、左側の【過去の旅記録】リンクから
入ってください。

トップページへ…クリックするとトップページに戻ります。