トップページ > 管理人のページ

2月度のひとこと

新しい年になってもう1ヶ月が過ぎてしまいました。しかし、まだ1ヶ月しか過ぎていないのですが世の中では いろいろなことが起こっております。バス事故では多くの若い方々の命が奪われてしまうという悲惨な事故と なってしまいました。今年の冬は暖冬と言われながらも40年ぶりの最強寒波の襲来で沖縄地方の“みぞれ”を はじめとして、九州・山陰・北陸などの各地に大雪をもたらし様々な災害を引き起こしてしまいました。 そんな中でも大相撲では10年ぶりの日本出身力士の優勝、サッカーU-23代表ではリオ・オリンピックへの 出場決やリニア新幹線 品川駅工事の着工など明るいニュースもありました。

真っ赤なエビスダイの泳ぎで2016年のお正月を祝う … 1/16 しながわ水族館にて…

しながわ水族館 (1月16日)

東京・品川には、“しながわ水族館”と“エプソン アクアパーク品川”の二つの水族館があります。 今回は、京急 大森海岸駅から徒歩8分くらいのところにある“しながわ水族館”を訪れてみました。 この水族館では、イルカ・アシカ・アザラシなどのショーおよび水中ショーなどが行われており、 これらのショーと珍しい魚たちに注目してみました。イルカ・アシカ・アザラシなどのショーを見て、 言葉の通じないこれらの動物にどのようにして人間の意思を伝えるのか? ちょっと考えさせられました。

※写真はクリックすると大きくなります。


しながわ水族館入り口

しながわ水族館入り口
京浜急行 大森海岸駅から第一京浜道を横断して少し歩くと “しながわ水族館”への 案内看板が見えてきました。



ネコちゃん

ネコちゃん
少し進むと、天気も良かったので ネコちゃんが日向ぼっこをしておりました。



公園に、、

公園に、、
公園が見えてきました。このあたりは しながわ区民公園となっているようです。



公園に、、

公園に、、
このような美しい水辺があり、時期が来ると花が咲き乱れる美しい公園のようです。



水族館入口

水族館入口
大森海岸駅から歩くこと8分くらいで水族館の入口に着きました。



トンネル水槽

トンネル水槽
中に入ってこの水族館の目玉である海底フロアに進んでみます。天井がドーム型になった水槽が 現れます。



トンネル水槽

トンネル水槽
大きな魚から小さい魚までたくさんの魚たちが気持ちよさそうに泳いでいます。



トンネル水槽

トンネル水槽
大きなアオウミガメが現れました。



タコクラゲ

タコクラゲ
外見がタコに似ていることからタコクラゲと呼ばれているそうです。相模湾など日本の近海にも 生息しているそうです。



ミズクラゲ

ミズクラゲ
ゆらゆらと泳ぐこの姿は見ているだけで癒されます。観賞用に飼育されることもあるようです。



イソギンチャク

イソギンチャク
なかなか美しいイソギンチャクです。ゆらゆらしている触手には毒を持っていて、種類によっては 重大事故につながる場合もあるそうです。



ハナタテサンゴ

ハナタテサンゴ
海の中で花が咲いているかのようなハナタテサンゴ。花びらのようになっている部分が触手で、ここで 餌を捕獲するそうです。



熱帯の海

熱帯の海
やはり美しいのは熱帯の海です。カラフルな魚たちがサンゴ礁の中を自由に泳ぎ回っております。



イルカショー

イルカショー
イルカショーが始まりました。水槽の左端から大きなイルカがジャンプしてきました。



イルカショー

イルカショー
少し見にくいですが、あの大きな巨体をジャンプさせ中央に吊るしてあるボールにタッチします。 どこにこんな力があるのかと感心!



イルカショー

イルカショー
これも写真の左側、、2頭のイルカがそろって大ジャンプです。このような芸をどのようにして教えるのか??



アザラシショー

アザラシショー
こちらはアザラシショーです。いろいろな芸ができますが、これは鼻息でラッパを鳴らすというもの。



アザラシショー

アザラシショー
アザラシもジャンプします。高さ2m以上あるボール目がけて大ジャンプ!この後、客席は水浸しとなりました。



アシカショー

アシカショー
なかなか器用で、台の上に載って逆立ちをしながらフラフープを演じるアシカくん。



アシカショー

アシカショー
ショーの終わりに手ビレをを振って “バイバイ” をする
アシカくん。



水中ショー

水中ショー
インストラクターのお姉さんが水槽に入ると、大きな魚も小さな魚もたくさんの魚たちが集まって きます。



水中ショー

水中ショー
魚くんたちのお目当てはお姉さんが持っている餌にあります。大きなエイは貝のむき身をアッという間に 口の中に入れてしまいます。



テッポウウオ

テッポウウオ
漢字では鉄砲魚と書き、その名のとおりこの魚は口から水鉄砲を発射し水面上にいる小動物を打ち落とし 捕食するという、これも変わった魚です。



ヘコアユ

ヘコアユ
この魚は、普段は逆立ちした状態でユラユラしています。
しかし、速く泳ぐときは水平になって泳ぐという ちょっと変わった魚です。



タツノオトシゴ

タツノオトシゴ
こんな形をしていますが、ヒレやエラがあるちゃんとした魚の仲間だそうです。動きが非常にゆっくりな ところに癒しがあるようです。



リーフフィッシュ

リーフフィッシュ
一見魚はいないように見えますが、枯れ葉の中にリーフフィッシュが潜んでいます。これも変わった 魚です。
見つかりましたか?



クマノミ

クマノミ
3本の縦じまが特で色はさまざまなカラーバリエーションがあるそうです。あまり大きくなく、サンゴや イソギンチャクの中を泳ぐ姿は可愛いものがあります。



エビスダイ

エビスダイ
赤い色をした形の良いおめでたい感じのする魚です。日本近海にも生息していますがあまり 多くないそうです。



今月公開の旅

今月公開の"旅記録"はありません。
過去の旅記録はトップページに戻り、左側の【過去の旅記録】リンクからから入ってください。

ページトップへ…クリックするとトップページに戻ります。