トップページ > 管理人のページ

12月度のひとこと

2012年もあと1ヶ月を残すのみとなりました。今年も数々の出来事がありましたが、 その締めくくりとして衆議院議員選挙 東京都は都知事選挙と慌ただしい師走となりそうです。混迷する 日本の政治の中での選挙、有権者の方々の判断も難しいものとなりそうです。

晩秋迎え地面まで黄色一色に染まったいちょう並木 …11/22 昭和記念公園にて…

武蔵御嶽神社


大きな地図で見る

11月21日晩秋を迎えた御岳山を散策してみました。まず、JR青梅線沢井駅近くの多摩川沿いの 駐車場に車を止め寒山寺へ行ってみました。中国・蘇州の寒山寺を頭に描きながら行ってみましたが小さなお寺と 鐘があるだけでした。
ここから更に山に向かって車で10分くらい走ると御岳山に登るケーブルカー駅 滝本駅に着きます。ケーブルカーで 山頂まで上り御嶽神社まで秋の紅葉を見ながら散策してみました。

(拡大地図)⇒地図下の“大きな地図で見る”をクリック

※写真はクリックすると大きくなります。



楓(かえで)橋

楓(かえで)橋
澤乃井ガーデンギャラリーの近くにある楓橋を渡ります。
下を流れる川は多摩川。 まわりの木々も色づき始めております。



寒山寺の看板

寒山寺の看板
橋を渡りきると寒山寺の看板がありました。
行ってみます。



寒山寺

寒山寺
中国・蘇州の寒山寺よりはるかに小さいが中には寄贈
されたという仏像が安置されておりました。



御岳小橋

御岳小橋
多摩川を更に上流に1Kmくらい上った所にかかる御岳小橋付近の風景。



滝本駅

滝本駅
御岳橋から車で更に5分ほど走るとケーブルカー出発駅である滝本駅に着きます。



ケーブルカー

ケーブルカー
ここからケーブルカーで終点駅まで最大傾斜25度の坂道を上に上ります。



ケーブルカー

ケーブルカー
途中中間点で下りケーブルカーとすれ違います。



御岳山駅

御岳山駅
出発して約6分で御岳山駅に着きました。



御岳山案内図

御岳山案内図
御岳山周辺の観光案内図がありました。まず、展望台へ行きその後御嶽神社へ行ってみます。



リフトで

リフトで
リフトに乗って展望台まで行きます。乗っている時間は
ほんの1-2分と短いものでした。



山頂から

山頂から
山頂から都心方向を見たところです。空気が澄んでいれば東京スカイツリーも見えるそうです。



産安社

産安社
この山頂にあった産安社。“うぶやすしゃ”と読むようです。縁結び・子宝・安産祈願の神社として厚い信仰があるようです。



夫婦杉

夫婦杉
この二本の杉は、男杉と女杉だそうです。
言い伝えによると、男性は女杉を、女性は男杉を触りながら木の間を通ると良縁があるということのようです。



展望台から下りる

展望台から下りる
展望台から御岳山駅まで下ります。歩いて5-6分ということなので歩いて下ります。



鳥居をくぐり

鳥居をくぐり
下に下りたのでこれから御嶽神社へ向かいます。まずはこの鳥居をくぐります。



もみじ

もみじ
まもなく綺麗な紅葉が目に入ってきました。緑と赤の組み合わせでとっても綺麗です。



道は続く

道は続く
このような道が少し続きます。



こんな光景も

こんな光景も
道中、たくあん用の大根がたくさん干してありました。



神代ケヤキ

神代ケヤキ
しばらく歩くと何か古めかしい木が目に入ってきました。
この老木、国指定天然記念物となっている神代ケヤキです。何と推定樹齢1000年と書いてあります。



商店街

商店街
神代ケヤキを過ぎると間もなく商店街が見えてきました。ここから先は階段が続きます。



隋身門

隋身門
大鳥居をくぐると隋身門が見えてきます。階段は更に続きます。



御嶽神社

御嶽神社
やっと最終目的地の拝殿に着きました。ここまで約25分歩きました。 階段の上りは疲れます。



天井を、

天井を、
拝殿の天井にあった“龍の彫刻”が印象的でした。



真っ赤な紅葉

真っ赤な紅葉
拝殿の階段の下にあった紅葉。この時期らしく真っ赤に染まっておりました。



階段を戻る

階段を戻る
上ってきたこの長い階段を下って戻ります。



ケーブル下駅へ

ケーブル下駅へ
御嶽山駅まで戻り、再びケーブルカーに乗りケーブル下駅(滝本駅)まで戻ります。



今月公開の旅

今月公開の“旅記録”はありません。
過去の旅記録はトップページに戻り、左側の【過去の旅記録】リンクから
入ってください。

ページトップへ ...クリックするとトップページへ戻ります。