トップページ > 珠海(その1) > 珠海(その2) > 香港の風景 > マカオの風景 > ルートマップ

珠海の概要(1)

珠海は広東省の省都 広州 から150Km離れた東シナ海に面する海岸に位置し、 マカオとは陸続きで隣接しております。
昔は小さな漁村であったようですが、1980年に“経済特区”に指定されてから急速に発展 し、現在人口は約100万人を有します。
香港・マカオが中国返還されてから街は一層きれいに生まれ変わったという感じがあり、 公園・道路は一年中きれいな花々が咲き乱れております。

珠海の写真

写真をクリックすると拡大写真が表示されます。


珠海_情侶南路から見た海岸線

珠海_情侶南路から見た海岸線
拱北 情侶路の海岸線に広がる遊歩道です。
海岸線がきれいに整備されて遊歩道、サイクリングロードとなっております。



珠海_情侶南路から見た海岸線

珠海_情侶南路から見た海岸線
情侶路海岸の遊歩道を夜撮影した写真です。
夏の夜のこの海岸は絶好の散歩コースとなります。このような美しい夜景と涼しい海の風。 写真の左側にはマカオの夜景が広がります。



珠海_今日の朝食

珠海_今日の朝食
今朝の朝食は情侶南路海岸に面した“金悦軒海鮮火鍋酒家”へ行ってみました。
ここは飲茶でも有名なお店です。



珠海_飲茶

珠海_飲茶
お粥と日本ではあまり見かけない野菜、この野菜は食感が良く美味しい。
お粥は肉、魚、野菜などが入っており味がついていてとても美味しい。



珠海_飲茶

珠海_飲茶
日本人ならほとんどの人が好む海老ギョーザ。
中には新鮮な海老が入っており海老のプリプリ食感が良くとても美味しい!!



珠海_飲茶

珠海_飲茶
このまんじゅう系のものは、中に甘めのチャーシューが入っており外のサクサクの生地 と合ってとての美味しい。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
ここ珠海で有名な“円明新園”へ行ってみました。
この入り口には国慶節を祝った看板がまだ残されておりました。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
中に入るとこのような中国的な建物が広がります。
円明新園とは昔北京の郊外に“円明園”として建てられていたそうですが、戦争で破壊されその後 北京では再建されず十数年前に珠海に当時のものを忠実に再建したものと言われております。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
園内では春節(旧正月)になると入り口を入った広場で盛大なショーが行われます。
この写真は春節に行われたショーの写真です。このような光景から戦いのシーンになると 本物の馬に乗った兵士も登場してきて迫力満点です。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
春節にはこのような色鮮やかな獅子舞も登場します。
お祝いムード満点です!!



珠海_円明新園

珠海_円明新園
園内には湖もありこのようなドラゴン船で周遊することができます。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
このようなきれいな ハスの花 が咲いていました。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
園内には 万里の長城 のミニチュア版があります。
ここをずーっと上に登って行くと珠海の街並みを見渡すことができます。 短いとは言えここを上まで登りきるには相当の覚悟と忍耐が必要です。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
山頂から見た珠海の街並み。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
園内にはこのようなものも立っておりました。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
園内にはこのような大劇場があります。ここでは一にち数回のショーが開かれます。
特に夜8時半頃から開かれるショーは「大清王朝」で当時の戦いの模様が再現され、光、大音響の音楽、 本物の馬に乗った兵士、大砲の音、戦いによる炎 などと迫力があり、言葉はわかりませんが見応えが あります。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
湖のほとりに建つ建物。
ここからは湖をはさんで対岸に入口方面の建物を見渡すことができます。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
園内の数ヵ所でショーが開かれておりますが、ここでは大きな鐘を使った音楽を演奏しておりました。
ステージの後に並ぶ大きな鐘と左側に並ぶ 胡弓、二胡、笛 のハーモニーがすばらしい音楽を奏でて おりました。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
湖のほとりに建つ建物。
園内をほぼ一周したところに今までとは変わった中国らしくない建物がありました。
この建物の前には十二支の動物の石像が並んでおりました。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
きょうの夕食は“湖南料理”を食べることに。
ホテルから近い 毛家飯店 へ行った。湖南料理はとうがらしがベースの辛い料理です。
このレストランはいつでも客でにぎわう人気店です。



珠海_円明新園

珠海_円明新園
毛沢東の出身地が湖南省ということからこのレストランは“毛家飯店”という名前がつけられているようです。
料理はどれも美味しかったが、このとうがらしの中で串刺しになっている海老は何とも辛かった!!



ページトップへ・・・クリックするとページの先頭へ戻ります。