トップページ > 珠海(その1) > 珠海(その2) > 香港の風景 > マカオの風景 > ルートマップ

香港の情報

香港は九龍半島とビクトリア湾を挟む香港島そして周辺の島々から構成される。
1997年イギリスから中国へと主権が返還され現在中華人民共和国香港特別行政区となっている。
返還後の現在も香港と中国本土間には境界(旧国境)があり現在も出入国管理が行われている。 人口は約700万人、公用語は広東語と英語であるが最近は中国の共通語である普通語も通じる場所が 多くなってきている。

香港の写真

写真をクリックすると拡大写真が表示されます。


珠海_九州港⇒香港へ

珠海_九州港⇒香港へ
朝のフェリーで珠海九州港から香港中港城へ向かう。
このフェリーも以前に比べればずいぶんきれいになったようである。



香港_中港城

香港_中港城
フェリーは九州港を出航してから約70分で香港中港城に着く。
この金ピカのビルは中国各地と香港を結ぶチャイナフェリーターミナル(中港城)のビルである。



香港_北京道

香港_北京道
九龍半島の繁華街にある北京道。このあたりには有名なブランドショップが並ぶ。



香港_ネイザン道

香港_ネイザン道
九龍半島側のメインストリートであるネイザン道。
この通りにはいろいろなお店やレストランがたくさん集まっている。



香港_ペニンシュラホテル

香港_ペニンシュラホテル
1928年の創業、以来伝統・格式ともに世界屈指のホテルと言われている。
ホテル内には高級ブランド店が並ぶ。



香港_ソールズベリー道

香港_ソールズベリー道
この道路を挟んで右側にビクトリアハーバーの海岸が広がる。



香港_ビクトリアハーバー

香港_ビクトリアハーバー
海を挟んで対岸に香港島のビル群が広がるが雨模様の天気のため対岸は霞んでいる。



香港_ビクトリアハーバー

香港_ビクトリアハーバー
この海岸にはこのような香港映画の歴代スター像のオブジェが並ぶ。 これは映画の女神像と呼ばれ夜はライトアップされる。



香港-時計塔

香港-時計塔
かつて香港はここに駅がありヨーロッパと結ばれていたらしい。
現在駅舎は HUNG HOM に移転されたが時計塔だけが残り今も時を刻み続けている。



香港-スターフェリー

香港-スターフェリー
ビクトリアハーバーを挟んで九龍サイドと香港島サイドを結ぶフェリー。
今回は地下鉄を使わずにこのスターフェリーで香港島
中環へ移動することにした。所要時間は8分。



香港-オーシャンターミナル

香港-オーシャンターミナル
スターフェリーピアから見たオーシャンターミナル。
大型客船が停泊していた。



香港_セントラル

香港_セントラル
スターフェリーで着いた香港島側のセントラル(中環)のバスターミナルから見た風景。
高いビルが並ぶ。



香港_ピークトラム

香港_ピークトラム
ピークトラム駅。
ここからこのピークトラムに乗ってビクトリアピークに向かう。 所要時間は約8分。
最大傾斜度45度とも言われ、目の錯覚からかトラム内からの外の景色は傾斜して見える。



香港_ビクトリアピーク

香港_ビクトリアピーク
ビクトリアピーク山頂のピークタワー展望台から見た香港島のビル群。
海を挟んだ奥は九龍サイドとなる。



香港_ビクトリアピーク

香港_ビクトリアピーク
ビクトリアピーク展望台から見た香港の夜景。
100万ドルの夜景とも言われておりますが、すっきり晴れていることが条件です。



香港_ピークタワー

香港_ピークタワー
ピーク山頂にはこのような展望ビルが建てられており、この頂上から景色を見る。



香港_九龍公園

香港_九龍公園
ビクトリアピークを下り香港サイド金鐘から地下鉄に乗り九龍サイド尖沙咀へ。
フェリーターミナル中港城へ戻る途中にある九龍公園、たくさんのフラミンゴがいる。



珠海_木隅レストラン

珠海_木隅レストラン
夜は香港から珠海に戻りポルトガル料理がベースの
マカオ料理を食べる。



珠海_木隅レストラン

珠海_木隅レストラン
骨付きカルビと焼き魚、中華料理とはまた違ってとても美味しい。



珠海_木隅レストラン

珠海_木隅レストラン
大きな海老の料理。から揚げとなっていたがとても美味しかった。



珠海_木隅レストラン

珠海_木隅レストラン
ハトのから揚げ、塩味がついていてとても美味しい。



ページトップへ・・・クリックするとページの先頭へ戻ります。