トップページ > さっぽろ雪まつり(昼) > さっぽろ雪まつり(夜) > 小樽雪あかりの路(昼) > 小樽雪あかりの路(夜) > 札幌周辺地図

小樽雪あかりの路(夜の部)

8日(水)、はじめての冬の小樽の体験に向かいました。天候は当初予想の“雪”から
“晴れ”に変わりラッキーでした。小樽は海岸沿いの街であるため、天候は良くても風の冷たさは身にしみました。

小樽雪あかりの路(夜の部)の写真

写真をクリックすると拡大写真が表示されます。


小樽雪あかりの路(夜の部)

小樽雪あかりの路(夜の部)
小樽雪あかりの路のライトアップは薄暗くなる午後5時からとなっております。それまで街中の散策や小樽ビールを飲んだりと 時間をつぶしてきました。



灯かりが

灯かりが
夕方の5時になりやっと運河会場のランプにも灯かりが
ともってきました。



浮き玉にも、、

浮き玉にも、、
運河にかかる浅草橋の浮き玉も灯かりがともってきました。



運河の浮き玉

運河の浮き玉
運河に放たれた浮き玉にも灯かりがともりました。この浅草橋の上もたくさんの観光客の方々が写真撮影の絶好ポイントを 求めて大いににぎわっておりました。



浮き玉

浮き玉
この運河沿いに多くの観光客が押し寄せてきました。
運河に浮かぶこの浮き玉はかつてニシン漁に使われていたガラスの浮き玉を使っているとのことです。



灯がともる

灯がともる
昼間は雪だけであったこの会場にも続々とあかりがともってきました。



ハートに

ハートに
このハートにも灯かりがともりました。



雪だるま

雪だるま
灯かりがともって昼間とは違った光景が見えてきます。



雪だるま

雪だるま
中には子供の兄弟・姉妹かと思われる雪だるまが灯かりに照らされております。



ちょっと変わった

ちょっと変わった
ここにはもみじの葉が浮かぶキャンドルが。



看板が、

看板が、
メッセージキャンドルを飾ってね という看板が立っておりました。これらのキャンドルは市民のボランティアの方々の手で 飾られているそうで、誰でも参加が出来るようです。



観光客

観光客
少し暗くなってきて観光客が増えてきました。皆さん夜のキャンドル点灯を待っていたようです。



キャンドル

キャンドル
このキャンドルは氷で作ったのか透明でした。いろいろなものがあります。



幸せ広場

幸せ広場
このあたりは幸せ広場という名前が付いているところのようです。



幸せ広場

幸せ広場
その名前からか? ハートがいっぱいです。



幸せ広場

幸せ広場
そのひとつをアップで撮ってみましたがなかなか面白い写真が撮れました。



幸せ広場

幸せ広場
ここには大きなハートがあり、椅子が用意されており
撮影スポットとなっておりました。



幻想的光景

幻想的光景
日が暮れてきたこともあってキャンドルが引き立ってきました。この写真はなかなか幻想的な光景で撮れました。



日が暮れて

日が暮れて
かなり暗くなってきて運河に浮かぶ浮き玉キャンドルの光が一層目立ちます。



ページトップへ・・・クリックするとページの先頭へ戻ります。