トップページ > 北陸の旅・2019 > 管理人のページ

9月度のひとこと

暑かった8月が終わり9月に入りました。8月に入ってすぐに梅雨明けした関東地方はこの1ヶ月間 ほぼ毎日猛暑だったかのような日が続きました。ギラギラの太陽が朝から夕方まで続き、時折 局地的な雨も降りましたが基本は暑い日の連続でした。雨の降り方も今までにはあまり見られ なかった局地的な大雨という降り方でした。地球温暖化の影響がでて来ているのでしょうか。
さて、新型コロナウイルスのニュースはもう半年くらい毎日途絶えることがありませんが、半年前の 2月頃にはこのような展開になるとは予想していませんでした。9月に入った現時点でも日本および 世界中で終息の見通しは全く立っていません。そんな中、日本の現総理大臣が辞任という大きな ニュース。コロナ対策、来年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、“どうするニッポン” というような感じです。

世界一幸せな動物“クオッカ”に出会えるかな?  …2020/08/20 埼玉県東松山市にて…

埼玉県こども動物自然公園 散策 (2020.08.20)

8月に入ってすぐに梅雨明けした関東地方、毎日猛暑が続きます。この猛暑とともにもたらされるのが 大雨・落雷・突風などです。埼玉県も場所によってはこのような被害を受け時には洪水・停電などの 悲惨な状態に陥ることもあります。このような暑い中、埼玉県こども動物自然公園では珍しい生き物 「クオッカ」が見られるということで出かけてみました。今年の7月1日から公開が始まり、まだまだ 自由に見られるという状況になく、時間を指定された整理券を入手しなければなりません。 この日は平日でしたので、混み合うこともなく 10時40分からの整理券を入手することができました。 クオッカは有袋類の動物でカンガルーやワラビーの仲間ですが、大きさはウサギを少し大きくした くらいです。オーストラリア固有のもので、オーストラリア以外の動物園でクオッカを見られるのは 今のところこの埼玉こども自然動物園しかないそうです。

※写真はクリックすると大きくなります。


入園口

入園口
10時少し前に入園口に着きました。この日は平日なので混みあっていませんが、コロナ禍の状況にある ため、体温チェック、自己体調の申告が必要でした。



整理券配布

整理券配布
入園券を購入して入園ゲートを通過すると、クオッカを見るための整理券が配布されます。クオッカを 見たい人はこの整理券を入手しなければなりません。



入園券と整理券

入園券と整理券
入園券とクオッカを見るための整理券です。11時40分から10分間の時間が指定されています。



カピバラ

カピバラ
入園口の近くにあったカピバラの看板です。冬の時期には温かい温泉に入っているカピバラですが、 この暑い夏には何をしているのか?後で見てみます。



園内マップ

園内マップ
この埼玉こども自然動物園の園内マップです。最初に東園に行きクオッカを見て、その後北園にまわり ほぼ一周して東園の入口まで戻ります。



ヤギの食事

ヤギの食事
クオッカの時間にはまだ少し早いので、入口近くを見てみます。ヤギがいましたが、ヤギは高い所が 好きなようです。



キリンの親子

キリンの親子
入口を入って左側にはキリン舎があります。キリンも暑いのか4頭が日陰を選んで集まっております。



キリンの親子

キリンの親子
今年6月に生まれた子供のルンとお母さんのリンのツーショットです。ルンは8月4日から放牧デビュー しており外が楽しそうです。



中央売店

中央売店
キリン舎を後にして中央売店のところまでやってきました。しかし外は雲一つない晴天晴れ! 暑い!!



東 園

東 園
中央売店から動物公園橋を渡り上り坂を進んで東園入口に着きました。クオッカはこのエリアに います。



カンガルーコーナー

カンガルーコーナー
時間も迫ってきましたのでクオッカはどこか?と探しましたが、どうやらこのカンガルーコーナー の中のようです。ここから中に入ってみます。



クオッカ舎

クオッカ舎
ありました、クオッカの家が見えてきました。柵で囲まれたこの中にクオッカはいるようです。



このあたりで

このあたりで
あと10分くらいで整理券の指定時間となります。5分位前になると入場予定者はこのあたりに集まり、 係員の注意事項を聞いてそれから入場となります。



4頭のクオッカ

4頭のクオッカ
ここには今年3月にオーストラリアのフェーザーデール野生動物園から贈られた4頭がいます。
しかし、 今年7月に1頭さらに8月28日に1頭の子どもが確認され、現在は6頭となっているようです。



中に入ると

中に入ると
時間が来て中に入りました。通路の先には低い柵が施され網が張られています。クオッカはこの中を 動き回っています。



クオッカ

クオッカ
草むらの中にクオッカがいました。この中に生えている草を口にくわえて食べています。



クオッカ

クオッカ
時々前足を持ち上げて後ろ足で立つというような可愛いしぐさも見せてくれます。大きさはウサギを 一回り大きくしたくらいです。



クオッカ

クオッカ
この日は2頭だけが外で食事中でした。
クオッカの赤ちゃんは下記をクリックしてください。
クオッカ2頭目の赤ちゃん
埼玉こども自然動物園のホームページです。



カンガルー

カンガルー
クオッカ舎のすぐ隣にはカンガルーがいます。カンガルーも暑いのでしょう。日陰を選んで集まっております。



コアラ舎

コアラ舎
同じ東園にあるコアラ舎にやってきました。昼間のコアラには動きがないのですが見てみます。



2頭で

2頭で
いました。2頭で居場所を取り合うような格好で寝ています。昨年2019年は3頭の赤ちゃんが産まれた とのことです。



眠るコアラ

眠るコアラ
こちらのコアラも木にすっぽりとはまったような格好で寝ています。



最上階

最上階
このコアラは木の一番高い所で深い眠りです。コアラの平均睡眠時間は18~20時間くらい とのことです。



カピバラとワラビー

カピバラとワラビー
同じ東園にあるカピバラとワラビーを見てみます。この暑い時期のカピバラは何をしているのか?



カピバラとワラビー

カピバラとワラビー
カピバラとワラビーは違う動物ですがこのように同じ空間で生活しています。暑いのか?どちらも 日陰を選んで昼寝です。



カピバラ

カピバラ
こちらのカピバラたちは水風呂が気持ち良さそうです。ここのカピバラは冬の期間は温泉を運んでもらって 温泉に入っているのですが。



天馬の塔

天馬の塔
中央売店の近くにある天馬の塔のあたりまで戻ってきました。雲一つない晴天晴れは続きます。 暑いので中央売店でひと休みをします。



フラミンゴ

フラミンゴ
ひと休みの後は北園を散策してみます。現在はコロナ問題がありこの動物園も多くの動物たちが“休園” となっております。ここはフラミンゴなど鳥たちのコーナー。



さらに林の中を

さらに林の中を
さらに林の中を進んで北園に向かいます。



牛がいます

牛がいます
こんなところに?とちょっと驚いたのですが、大きな牛がたくさんいました。今はコロナ禍で乳搾り体験 も休止しており、牛さんたちも暇そうでした。



レッサーパンダ

レッサーパンダ
さらに北園を進むとレッサーパンダがいました。今は暑い時期なので部屋の中での生活となっているようです。 ちょっとでいいからあの特徴的な“しっぽ”に触ってみたい!と思った。



ペンギンヒルズ

ペンギンヒルズ
小高い丘の上にペンギンヒルズが見えてきました。



ペンギン

ペンギン
水槽のガラス越しにペンギンが楽しそうに泳ぐ姿が見えてきました。



ペンギン

ペンギン
水槽の反対側にまわるとたくさんのペンギンたちが水から上がっております。今はコロナ禍、子供たちの エサやり体験も中止になり暇そうなペンギンたちでした。



シカとカモシカの谷

シカとカモシカの谷
ペンギンの後はさらに進み、クジャクを見て ニコニコ橋を通過し、シカとカモシカの谷を歩いて東園の入口 のところまで戻りました。



入口に戻る

入口に戻る
園内をほぼ一周して入口まで戻ってきました。ここには階段の傾斜に沿って水が流れている所がありますが、 この暑さではあまり涼しさも感じられません。



今月公開の旅

今月公開の"旅記録"はありません。過去の旅記録はページの先頭に戻り
左側の【過去の旅記録】リンクから入ってください。

ページトップへ…クリックするとページ先頭に戻ります。