トップページ > 北陸の旅・2019 > 管理人のページ

8月度のひとこと

今年の関東地方は7月中に梅雨明けすることなく8月に入ってしまいました。今年の関東地方の 梅雨はほとんど毎日雨が降る!、梅雨の中休みは無い!というような真面目型の梅雨のようです。 梅雨に入れば雨が降るのですが、最近の雨の降り方は過去の経験は全く役に立たないような大雨 となっています。九州熊本地方の大雨、ごく最近では山形県の最上川の大洪水と各地に甚大な 被害をもたらしております。 一方、新型コロナウイルスは2月頃から感染拡大が始まり4月にはピークとなり5-6月に入って 徐々に減少傾向が続きこれで終息かと思われましたが、7月に入って再度拡大となり現状では今後 どのようになるのか予測がつかない状況です。はっきりしていることは人の移動により感染は 拡大するということです。私たちは経済活動を維持しながらこの状況をどう切り抜けるかが 今後の課題です。

奇妙な形をして緑の森の中に建つ きのこの家  …2020/07/22 埼玉県飯能市にて…

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 散策 (2020.07.22)

先月7月の天気予報はほとんど毎日“雨”という予報が続き、なかなか外出が難しい。これに加え 新型コロナウイルスも大方の予想が外れ再度感染者が増加するという状況が続き外出をするという ことがなかなか難しい状況が続きました。そのような中、たった一日雨が降らない日がありましたので、 埼玉県内の トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園を散策してみました。 この公園は1997年に開園し20年以上の月日が流れていますが、今でも子ども~大人まで人気のある 公園です。小さな公園ですが、この中には北欧の童話作家トーベ・ヤンソンさんの生き物に対する 思いが込められている公園のようで、大自然が基本となっているようです。ただ一つ残念だったのが、 新型コロナウイルスの影響で建物の中には入ることができなかったことです。

※写真はクリックすると大きくなります。


着きました

着きました
飯能市内に入りカーナビの誘導に従い10分くらい走り目的の公園に到着しました。



公園門

公園門
入口の門は開いて入園OKです。この公園は入園料は無料ですが、休園日には門が締まります。



真っ直ぐ進む

真っ直ぐ進む
門を入って緩やかな坂道を進みます。前方には何やら変わった建物が見えてきます。



大きな帽子のような

大きな帽子のような
さらに進むと大きな帽子の形のような建物の前に着きました。



園内マップ

園内マップ
この公園内のマップがありました。子ども劇場、森の家、きのこの家、ギャラリーカフェと4つの 特徴的な建物があります。これらを回ってみます。



ここから中へ

ここから中へ
まず、子ども劇場を見てみます。ここの入口から中に入ります。



ウエルカムボード

ウェルカムボード
入り口を入るとウェルカムボードがありました。ムーミン一家がお出迎えです。



階段を上る

階段を上る
コロナウイルスの影響でここ1階では特にイベントはありません。階段で2階に上がってみます。



子ども劇場

子ども劇場
2階に上がると大きな広場があり、子ども劇場の全景を見渡せます。大きな帽子のような変わった 形をしています。



展望台へ

展望台へ
右側から展望台に上がれるようなので行ってみます。



展望台から下を見る

展望台から下を見る
展望台から下を見ると、おとぎの国に迷い込んだかのような不思議な形をした"きのこの家"が 見えてきます。



屋根にあった飾り

屋根にあった飾り
帽子(屋根の部分)のひさしのあたりに飾ってある何かわからない飾り物。魔除けなのか?



子ども劇場入り口

子ども劇場入り口
広場に戻りました。この"子ども劇場"は中に入れるようです。入口のドアが開いています。



中に入ると

中に入ると
中に入るとイベントスペースのような空間が広がっています。今はコロナ禍、何も行われておりません。



面白い形の窓

面白い形の窓
この建物の窓を見てみます。建物の形も特徴的ですが、この窓の形も実にユニークです。何か楽しく なってくるような。



ムーミン

ムーミン
壁にはムーミンたちがわんぱく池で遊んでいる様子の絵が掲げられております。



森の家

森の家
次に向かったのが”森の家"です。この建物もとても変わった形をしております。



森の家

森の家
コロナ禍の今、入り口のドアはしっかりとロックされております。残念!この家の中には、 トーベ・ヤンソンさんに関する資料の展示や図書の展示があるようです。



ハイキングコース

ハイキングコース
"森の家"の裏手はハイキングコースとなっております。急な階段と山道を20分間くらい進むと見晴らし台が あるようです。



森の中の階段

森の中の階段
ハイキングコースには進みませんが、このような階段の道を下りてきました。



デッキウォーク

デッキウォーク
さらに進むとデッキウォークがありました。ここを上ってみます。



デッキウォーク

デッキウォーク
デッキウォークの終点に着きました。ここからは小さな滝を見ることができました。



見晴らし橋

見晴らし橋
デッキウォークを下りる途中で見えた光景です。手前のオカリナのような形をしたものは“見晴らし橋”、 奥の建物は“きのこの家”です。



見晴らし橋

見晴らし橋
デッキウォークを下りて“見晴らし橋”を渡ります。橋にはのぞき窓もついています。



さらに山道を

さらに山道を
さらに山道を進みます。ここは少し上り坂となっております。



スズメバチの警告

スズメバチの警告
山道の途中にこんなものが見えてきました。目立つ黄色ですが、何でしょうか?どうやらスズメバチの警告を しているようです。



わんぱく池

わんぱく池
わんぱく池が見えてきました。この梅雨の時期にしては少し水が少ないのかな?という気がします。



水あび小屋

水あび小屋
ムーミン童話に出てくる とんがり屋根の “水あび小屋”です。



カフェプイスト

カフェプイスト
公園内にあるカフェです。プィストとはフィンランド語で“公園”という意味のようです。ここは食事も できるようです。



カフェ全景

カフェ全景
カフェプイストの全景です。形も色彩もとてもいい感じに作られています。



きのこの家

きのこの家
子ども劇場からスタートし、一周して“きのこの家”の前にやってきました。1階は暖炉がある“いこいの広場”、 2階は"不思議な空間"が広がっているそうです。



きのこの家入口

きのこの家入口
しかし、ここも入り口はしっかりと閉じられています。中に入れなくで残念です。 コロナの影響で閉鎖です。



花だん

花だん
"きのこの家"の前の広場には花壇があり小さな花がきれいに咲いておりました。



ベンチ

ベンチ
ここではいろいろなものの形がユニークですが、ベンチの形もこの通りです。



今月公開の旅

今月公開の"旅記録"はありません。過去の旅記録はページの先頭に戻り
左側の【過去の旅記録】リンクから入ってください。

ページトップへ…クリックするとページ先頭に戻ります。